フッ素コーティングスプレーの便利情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フッ素コーティング後のお手入れは?

フッ素塗布コーティングをしていると、

汚れや水垢が着きにくくなるのでその後のお手入れがとても楽になります。


お手入れする時は柔らかめの布や、

タオルなどを使うと良いでしょう。


この時、水拭きだけでも良いのですが、

洗剤を使う場合は、中性洗剤を10倍程度に薄めたものを使ってください。


洗剤を使ってお手入れした後は、水拭き→乾拭きをするのが良いでしょう。


スチールやたわしなどの硬い物でこすったり、

クレンザーなどの研磨剤が入っている洗剤を使うのは避けて下さい。



 コーティング剤自体の効果も、長い間経てば薄くなってきて、

表面に傷がついたりしてきます。


 こんな時は家庭でも簡単に出来るお手入れ方法もあります。 

まず、市販のシール剥がし液かシンナーを、柔らかいガーゼや布に染み込ませ、


コーティング部分を綺麗に拭きます。 


次に、食用油などのオイルを含ませた布で、優しく拭きます。

自分でも出来る方法なので是非試してみてはどうでしょうか?


詳しくはこちら

 ↓
    ↓






スポンサーサイト

フッ素コーティングの仕組み

フッ素樹脂は、超微粒子高分子です。

簡単に言うと、とても粒子が小さい分子、

ということなのですが、この事で、家庭の中にある調理器具の他、

台所のシンクや大理石、トイレや浴室、浴槽、洗面台まで幅広く使われています。



 フッ素塗布コーティングのしくみですが、

フッ素樹脂の分子が、素材の小さい隙間まで(0,2ミクロン、約0,002ミリ)まで入り込み、


素材の表面の凸凹を埋めて、滑らかにします。

フッ素樹脂は、撥水性にも優れているので、

コーティングした後は水垢や汚れなどもつきにくく、


ついてしまってもタオルなどで拭くだけでも簡単に落とす事が出来ます、



 また、その他にもカビの発生をおさえたり消臭効果や抗菌効果もあります。


お家のお掃除を楽にするこができますね。

毎日ごしごしする必要がなくなります。



簡単フッ素樹脂コーティング剤【フッ素楽々ガード】はこちら>>>

フッ素塗布コーティングは車に使うとどうなるの?

車の表面の保護の仕方は色々ありますが、

ワックスで磨いてお手入れしている方が多いようです。

 しかし、ワックスは、見た目はとてもツヤも出て、

きれいに仕上がるのですが、粒子が粗いので、

表面に汚れが着きやすいのが難点です。




 ワックスとは別の保護の仕方にフッ素コーティングがあります。

こちらは、粒子が細かいぶん、車の細かい凸凹を埋めながら、

コーティング出来るので、ワックスより汚れが着きにくくなります。


 また、フッ素樹脂が強く付着するので、1度コーティングすると落
ちにくいというのも特徴。


物がくっつきにくい、非粘着性にもとても優れているので、

雨や細かい汚れを弾く力も優秀です。


 車用のフッ素コーティング剤には、

フッ素が配合されているだけのものから、主成分がフッ素のものまで、

色々あり、その物によって、耐久性や仕上がりも違うようなのです、
1度チェックしてみてはいかがでしょうか?


車にも使えちゃう万能フッ素コーティングスプレーはこちら★ 
   ↓  ↓





フッ素塗布コーティングはフライパンにするとどうなるの?

家庭用調理器具に、

フッ素塗布コーティングは沢山使われています。

中でも、フライパンは1番身近かもしれません。



フッ素塗布コーティングというと、
何だろうと思う方もいるかもしれませんが、

テフロンコーティングというと大抵の方はピンとくるのではないでしょうか?


フッ素コーティングの性質の1つは物がくっつきにくい、ということです。


コーティングされていることで、例えば卵を焼くとき、

粘り気があるものを焼く時などもくっつきにくく、調理しやすい。


というわけです。




また、耐熱性にも優れていて、

約260度まで耐えられるといわれています。


そして、高温だけではなく、

なんと約-240度までの低温にも耐えられるんですよ。



コーティングの表面は、水はもちろん、油やその他の液体も弾くので、
フライパンの表面が汚れても、サッと拭くだけでお掃除が簡単に出来ます。


このような事を考えると、フライパンにフッ素塗布コーティングは必要不可欠です。




フライパンにもスプレー可能!
お手軽フライパンフッ素加工ならこちら
   ↓   ↓



フッ素コーティングスプレーとは

今、色々な製品にフッ素コーティングがされていますね。

では、そもそもフッ素コーティングとは何なのかは御存知ですか?


まず、フッ素を含んでいるプラスチックそのものを、

フッ素樹脂といいます。 

フッ素樹脂自体は1938年に米国のブランケット博士に発見されました。


このフッ素樹脂の、耐薬品性や電気特性、耐熱性、

耐候性などがとても優れていて、

いまでは色々な製品にコーティング剤として使われてるという訳です。



中でも、皆さんが1番しっている身近な道具の1つは

フライパンではないでしょうか?

その他には炊飯器の釜にも使われています。


身近な道具以外にも、飛行機や車にも使われていますし、

半導体の部品にも使われています。

今でもフッ素樹脂の研究は進んでいて、

この先無くてはならない物ですね。


塗料の種類は粉体塗料と液状塗料があります、
液状塗料をスプレータイプにして簡単に塗布できる、

フッ素コーティングスプレー、が最近人気のようです。







格安プロバイダ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。